電話番号 無料ご相談
繁盛店舗の作り方

販売店舗 詳細

皮がおいしいどら焼き専門店。
設備投資は低予算!

相談会募集終了

満員御礼

3坪開業OK。低資金で始められる
コンセプトもしっかりしたどら焼き店。

どら焼き
どら焼き専門店
どら焼き専門店2

店舗の特長

1.どら焼き

どら焼き(銅鑼焼き、ドラ焼き、どらやき)は、通常、やや膨らんだ円盤状の
カステラ風生地2枚に、小豆餡を挟み込んだ和菓子のことを指す。

<どら焼きの特徴>

*ポピュラーなお菓子で好き嫌いが少ない菓子。
*お子様から年配まで人気菓子である。
*小腹が空いた時の良いおやつになる。
*たい焼きのように食べ歩きも可能。
*お手頃価格で販売できる。 1個200円で販売する。
*ギフト対応になる 5個・10個・15個・20個入りを用意し贈答品として対応できる。

<このビジネスの強み>

1)実演販売が可能
*お客様の⾒えるところで、⽪を焼く(良い⾹りが漂う)シズル感の演出を実現。

2)シンプルオペレーションの実現と手作り感の演出が行列の秘訣

 
 ミキサーで皮のタネを作る
  ⇒ 皮を作る
  ⇒ 皮を焼く
  ⇒ あんこを詰める
  ⇒ 出来上がり

3)設備投資が低予算で可能
*必要機材・・・小型自動どら焼き機(200万~300万)、小型ミキサー(30万)、
給餡機(50万)、冷蔵庫(50万〜100万)、その他備品。

4)パート&アルバイトでも、美味しいどら焼きが作れるシステムなので人件費を抑えられる。
*自動どら焼き機を導入することで、⼈件費を大幅に抑えることが出来る。
*手軽に誰でも、簡単上手に「⽪」が焼ける。

<事業コンセプト>

1)『皮』が美味しい、『どら焼き』

 *皮に特徴があり、焼きたてをそのまま提供することで、他社との差別化を実現。

 *柔らかい皮(クリスピーな皮)、香ばしい皮の2種類を提供できる。

2) 和菓子は日本の心
  *あきのこない味付け
  *日本人には、どら焼きはとてもなじみ深い和菓子である。ドラえもんの知名度も高く子供から老人
   そして外国人からも受けが良い。

販売価格
自己資金 800万円が目安
収益モデル
収益モデル(都市型・営業日数30日&営業時間8hの例)
・月商/200万円(一つの目安になります)
・営業利益として28%程度
※ 詳しくは説明会にてご説明させていただきます。
契約タイプ
・店舗プロデュース
・ロイヤリティ なし
開業資金
開業資金 約800万円(税抜き)

<内訳>
  ライセンス販売手数料  200万
  (許諾金+研修費)

  厨房設備          400万
  ・小型自動どら焼き機
  ・小型ミキサー、給餡機
  ・冷蔵庫

  物件取得費         80万
  (賃料10万円を想定)
   前家賃(1ヵ月分)、仲介手数料(1ヵ月)保証金(家賃の6ヵ月分~)

  内装工事費         60万
  (物件により異なる)

  広告販売費         30万
  (販促費、人材採用費)

  その他            30万
サポート企業概要
一般社団法人 グローバル・プロジェクト

 住 所   〒107-0062 東京都港区南青山4-3-1 森下ビル2F
 連絡先  電話:03-5775-0938  FAX :03-5775-0953
 URL    http://global-pro.org/
 設立    平成22年8月

 <事業内容>
 新規事業構築および既存の事業モデルの再構築支援
 店舗プロデュース業
 店舗M&Aの仲介

<経営理念>
 時代が変わっても色あせることのない、価値のあるビジネスを追求し続けます。

 また、商売の原理原則として、お客様と共に歩み、全てのパートナーと共存共栄しながら、利益を追求することで社会に貢献いたします。
詳細は、個別相談会でご説明させていただきます。是非お気軽にご参加ください。

※ ただし販売予定数に達した場合、自動的に締め切らせていただきます。

個別事業説明会のご案内

平日随時開催中(午前の部:11時より/午後の部:14時より)
時間は約1時間を予定しております。
開催場所 東京都港区南青山4-3-1 南青山森下ビル2F
ご参加には予約が必要です。お問い合わせフォームからお申込みください。

お問い合わせ・ご相談はこちら